地域おこし協力隊員募集 (いなべ産そばの振興の活動)

三重県いなべ市が募集を始めた、地域おこし協力隊という制度をご存知ですか? 一般社団法人移住・交流推進機構のホームページ"JOIN"では、
「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」…。 今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化などに恵まれた「地方」に注目しています。

地域おこし協力隊は、人口減少や高齢化などに悩む地方自治体が都市住民を受入れ委嘱。農林漁業の応援、住民の生活支援などの「地域協力活動」に従事してもらい、あわせてその地域への定住・定着を図りながら、地域の充実・強化を目指す取り組みです。

と説明されており、隊員はおおむね1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け地域で生活し (住民票を移します) 、各種の地域協力活動をおこなっていただきます。活動には報酬と経費が支給され (各自治体によって基準があります)、

三重県いなべ市はこの制度を活用し、いなべ産そばの振興に携わる隊員を募集 【http://www.city.inabe.mie.jp/pages/4101_0.html】することになりました。

ホームページに掲載されている募集要項における隊員に求める地域活動の概要は、

・そば打ち体験の実施 ・いなべ産そばの売り込み ・そば打ち愛好者へのそば屋起業支援

となっていますが、いなべ産そばの振興に関わるのであれば、隊員からの提案に応じた活動にすることも可能とのこと。

いなべ市は隊員に、"全麺協段位認定会3段以上取得者または期間内に取得予定者"を求めていますが、隊員としての最大活動期間は3段位取得までの最短期間と同じ3年。活動期間に3段位取得も可能でしょう。

問い合わせ先はいなべ市農林商工部獣害・ブランド対策室 (電話 0594-46-6060) 。また、3月20日 (金) から22日 (日) には東京日本橋で説明会が行われます。

3月12日に、全麺協ホームページにもお知らせを掲載していただきました。全麺協会員の皆様。応募をお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存