夜のそば打ち体験教室 (2015年4月15日)

そば打ち体験教室 (2015年4月15日)

そば打ち体験教室 デモンストレーションの見学
(2015年4月15日)

毎週いなべ市内で開催しているそば打ち体験教室。4月15日 (水) の夜には、いなべ市藤原町鼎のいなべ市特産品開発施設夢かなえ荘にて、市職班主催の夜のそば打ち教室が4名の参加者が集まり開催されました。 そば打ちは初めての参加者。最初にいなべ市そば打ち同好会『雅』会員によるデモンストレーションを見ておおよそのそば打ちの手順を覚えます。 その後は各自がそば打ち台に分かれ、そば粉500g、小麦粉200gに水を加え、だいたい1000gぐらいの出来上がり分量となるそば打ちにチャレンジします。 『雅』会員は参加者の横で手順を説明し、(時々手も出しながら)、約1時間強をかけてそばを打ちます。完成したそばの一部はその場で茹でて試食します。茹で方を体験してもらうとともに、打ちたてのそばの味を覚えてもらいます。特に重要なのは大量のお茹で茹でること。麺がくっつかないようにするためには大きな鍋の方が好都合です。 といった手順を踏んで説明していたら18時から始めた体験教室の終了が21時過ぎになってしまいました。参加された皆様、夜遅くまでお疲れさまでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存