『雅』が日本一のそばの産地幌加内町を視察 (2011年7月19日)

幌加内町視察 (2011年7月19日)

幌加内町視察
(2011年7月19日)

北海道にそばの白い花が咲く頃、いなべ市蕎麦打ち同好会『雅』有志は、日本一のそば作付け面積、生産量を誇る北海道の幌加内町を視察しました。そばのいなべブランド化を進めるいなべ市はそばの栽培の普及に努めていますが、幌加内町はそばの生産のみではなく、そばを使った町おこしにも積極的に取り組んでおり、1992年から毎年そば祭りを行っています。いなべ市としても全国へのアピールとしてそば祭りは有効と考えて毎年開催していますが、先進地のノウハウなどの情報を仕入れてきました。

また、7月20日には旭川市で第1回全国高校生そば打ち選手権大会が開催。幌加内高校が優勝しました。

視察概要

視察日 2011年7月19日 視察先 北海道幌加内町、旭川市 視察者 清水会長以下2名

※記事の投稿日が視察日になっていますが、実際の掲載は2014年3月11日です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存